米軍兵士がヒゲやターバンの着用が可能に!!宗教的理由の服装容認は初めて!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

アメリカ軍に多宗教の軍団ができるかもしれません。

米国防総省(ペンタゴン)は22日、兵士が宗教的な衣服を着用できるよう規則改定を行ったと明らかにしました。これにより、軍服とともにイスラム教などのターバンやユダヤ教のヤムルカなどの着用が認められます。

Sponsored Links

新たな規則は、軍や部隊に悪影響を与えないという条件で、「兵士個人が心から信じる信条(道義、道徳原則、または宗教信念)を受け入れる」としています。

今回の改定は、主にシーク教、イスラム教、ユダヤ教など、あごひげや宗教的衣類を身に付ける信者に影響するとされています。国防総省のスポークスマンによると、米軍が宗教的な目的を持つあごひげや長髪、衣類を容認するのは初めてとのこと。

ただ、宗教的な衣服などが認められるには申請が必要。国防総省はこれまでも、シーク教徒のターバン着用を限定的に認めたケースがありましたが、市民団体は、規則改定後も上官の気まぐれに承認が左右される恐れがあると懸念を示しました。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: デザイン, 国際, 技術・実験, 政治・法律, 文化 タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)