これが中世農奴の生活!!中世時代のロシアの生活を8ヶ月も続ける社会実験を行う男性が話題に!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

ロシアの歴史愛好家がモスクワ郊外で大規模な社会実験を行っています。それは、1100年ごろのロシアの生活を再現し、その中で8ヶ月間を過ごすというものです。

現代に行きながら過去にタイムスリップしてしまったパーベル・サポジュニコフさん(24歳)の一人暮らしの様子をご覧ください。

Sponsored Links

この実験は、パーベル・サポジュニコフさんが2013年9月から開始しているもの。実験の内容は非常にシンプルで、「1100年ごろのロシアの先祖たちの生活を行う」というもの。8ヶ月続ける予定となっており、2014年5月に実験は終了します。

このプロジェクトの発案者であるアレクセイ・オフチャレンコさんとパーベルさんは、実験を行う前に1年間ほどプロジェクトについて議論しました。その結果、実験の目的を、1人で孤独に生活することで人格が社会的・心理的にどのような変化を起こすのかを調べること、他人のサポートがどれほど重要なのかを探ることにし、歴史学と心理学からの観測することとしました。

実験では、現代で使われている文明の利器を持ち込むことはできません。電子機器などはもちろんのこと、服や家なども当時のものを再現しています。

パーベルさんの生活では、火を起こすために火打石と火打金を使い、オノで薪を割って燃料にし、ニワトリとヤギを飼って乳、卵、肉を手に入れます。また狩猟、釣り、農耕で食料を得ます。そのほか、中世時代に使われていた工具、機械、食品の利用は許されていますが、当時なかったトマトやトウモロコシを食べることはできません。実験の進歩状況はノートによって記され、他人との連絡は月1回の医師と心理学者の診察以外は許されません。

パーベルさんが危険な状態に陥ったときには、実験を中断して治療を受けます。それは例えば、四肢の切断や血液感染など命に関わるものです。一方で、インフルエンザ、手足のねんざ、肺炎などでは実験は続行されます。

非常に厳しく思えるルールですが、外部要因をなるべく減らすことで、実験への影響を最低限にするためのものです。

日が昇れば起床し、日が沈めば眠るパーベルさん。当時の家には煙突がないため、焚き火を焚けば部屋は煙だらけとなり、肉を食べるたべに家畜を殺します。一食を調達するには膨大な労力を要し、服の洗濯や風呂に入ることも難しい生活です。

現代の生活に疲れた人の中には、過去の生活を牧歌的で豊かなものだったと考える人も少なくありません。しかし実際には、食事も満足に摂れず、健康状態も最悪、一日中、生存するためにだけ働き続け、命取りとなるため風邪を引くことさえ許されないのが現実です。また当時の人間は通信手段も移動手段も乏しいため、ほとんど一人っきり、もしくは家族だけで生活していました。

果たして、パーベルさんの実験が、心身にどのような影響を与えるのでしょうか。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 文化, 歴史, 生活 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)