ネパールに存在する世界一危険な空港「テンジン・ヒラリー空港(ルクラ空港)」の飛行機離着陸風景が恐ろしい!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

ネパールには、世界一危険な空港と言われる空港「テンジン・ヒラリー空港(ルクラ空港)」が存在します。非常に短い滑走路からギリギリの離着陸を繰り返す飛行機を見るとぞっとしていまう驚きの空港をご紹介します。

Sponsored Links

テンジン・ヒラリー空港は、ネパールの東部開発区域に属するサガルマタ県ソンクルブ郡クンブ地方ルクラにあります。

旧称「ルクラ空港」2008年1月に現空港名へと改名されており、1953年5月29日にエベレストの初登頂に成功し、この空港建設に尽力したテンジン・ノルゲイと、エドモンド・ヒラリーに由来します。ヒマラヤ山脈の谷間に位置し、標高が高いために大気密度が低く、非常に変わりやすい天候の上、滑走路全長は460mしかなく、その短く傾斜した滑走路は世界で最も高度な着陸が要求される空港の一つ。ヒストリーチャンネルで放送された「最も過激な空港ランキング」で一位にランクされました。

ルクラはエベレストのネパール側登山口として利用されるために空港の需要は高く、天候不順などの欠航を除き日中カトマンズにあるトリブバン国際空港との間に定期便が毎日運航しています。飛行時間は30~40分と短いですが、カトマンズで天候が良好であってもルクラでは降雨が発生することが多く、強風や雲量の変化による視程の変化などは、多くの場合で飛行の遅延や空港の閉鎖などに繋がっています。

滑走路は一本のみで全長460m、幅20mで北側に向け12%の上り勾配が付いており、標高2800mに位置します。滑走路はアスファルトで舗装されており、ヘリコプターや軽飛行機、またはデ・ハビランド・カナダ DHC-6、ドルニエ 228などの短距離離着陸(STOL)機でしかアクセスすることができません。

その立地から滑走路06は着陸、24は離陸のみに使用されており、ショートファイナルからの着陸復行の成功はまず望めません。また、その地形から滑走路南端は急勾配で610m下には渓谷が広がりドドコシ川が東西に流れています。エプロンには4機の駐機場と一つのヘリパッドが有り管制塔から140mの場所に位置しています。

離着陸する飛行機を見てみると、どの飛行機もギリギリな感じがしますね。この空港だけは絶対に使いたくないですね。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 乗り物, 国際, 建造物, 技術・実験 タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)