世界のガン患者が今後20年で1.5倍に増加することが明らかに!!新興国で増加し富裕国の経済の足かせにも!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

世界保健機関(WHO)は4日の世界対ガンデーに合わせ、「世界ガン報告」を発表しました。世界全体で1年間にガンと診断される患者の数は、今後20年間のうちに1.5倍以上に増えるとの見通しを示し、途上国を中心とした各国政府に対応を呼び掛けています。

Sponsored Links

WHOの付属機関、国際ガン研究機関(IARC)がまとめた同報告によると、2012年に新たにガンと診断された患者は1400万人。これが20年後には2200万人まで増えると予想されます。

患者増加の主な原因としては、世界的な人口の増加と高齢化を挙げています。IARCのクリストファー・ワイルド所長は「ガンの問題は治療だけでは解決できない。予防や早期発見に力を入れる必要がある」と話します。

ガンによる世界の経済的損失は、10年の時点で推定1兆1600億ドル(約118兆円)に上りました。これは富裕国の経済の足かせとなり、貧困国にとっては支払い能力を超える額だと、同報告は指摘します。

報告によると、ガンの症例のうち約半数は、現代医学の知識を活用した対策で予防が可能と考えられます。具体的な対策としては喫煙や飲酒、食生活、運動といった生活習慣の改善や集団検診の実施、さらにウイルス感染が原因となる子宮頸ガンや肝ガンのワクチン導入などが挙げられます。

新たにガンと診断される患者数が最も多いのは肺ガンで、ガン全体の13%を占め、年間180万人に上っています。死亡率も肺ガンが最も高く、ガンによる死亡例の約5分の1を占めます。肺ガンの主な原因とされる喫煙を避けることが予防につながると、専門家らは指摘します。

アメリカでは50年前に医務総監がタバコと肺ガンの関連を認めてから、40%を超えていた成人の喫煙率が19%前後まで下がりました。一方アジア、アフリカ諸国の喫煙率は依然として高く、中国では世界のたばこの3分の1が消費されています。

肺ガンに次いで患者数が多いのは乳ガン(年間170万人)と大腸ガン(年間140万人)、死亡例が多いのは肝ガンと胃ガンでした。

特に途上国の状況は深刻とされ、新たな患者の6割以上、死亡例の約7割がアフリカとアジア、中南米に集中しています。

世界ガン報告はほぼ5年ごとに発表されています。作成には40カ国以上の専門家約250人が協力しました。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 生活, 科学 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)