4時間以上も回転ダンスした中国の回転少女「小彩旗/シャオ・ツァイチー」が話題に!!「虐待だ」とクレームも人気爆発!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

2014年1月31日、旧暦の大みそかに放送された毎年恒例となっている中国の国営テレビの特別番組「春節晩会」に、4時間にわたってノンストップでくるくると回転し続けた15歳のダンサー少女が話題となっています。この番組は7億人以上が視聴する中国の国民的番組だっただけに、活躍した少女は一躍大人気となりました。

Sponsored Links

この番組で4時間も回転を続けたのは、15歳の少女ダンサー、シャオ・ツァイチー(小彩旗)ちゃん。中国のトップ舞踏家であるヤン・リーピン(楊麗萍)の姪っ子で、ダンス界のサラブレットとして注目が集まっていました。

「春節晩会」でシャオちゃんは、時間の経過や季節の移り変わりをダンスパフォーマンスで披露。美しいドレスを広げて4時間もの間、回転しながらダンスをしました。

このパフォーマンスにネットでは、「15歳の少女を4時間も回転させるなんて。虐待行為だ」「水も飲ませず、トイレにも行かせず、ありえない」「残酷きわまりない」「ギネスにでも挑ませる気か?」「あの子はロボットじゃない」などの声が上がりました。

しかしシャオちゃんは中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」で釈明。回転ダンスが自分の精神を鍛えるものであり、エベレストに登頂する登山家と同じように自分の限界に挑戦する方法だったといいます。また総合プロデューサーからは「休憩しなさい」とストップがかかっていたのに回転を続けていたといい、インタビューで「時間を表現するのに、止まるわけにはいかない」と説明しています。

デュエットダンスの様子。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: スポーツ, デザイン, 国際, 技術・実験, 文化, 芸能 タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)