これぞスポーツマンシップ!!ロシア人スキー選手をカナダ人コーチが助けて「素晴らしい」と絶賛の嵐!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

ロシアで行われているソチオリンピックで、スキー板を壊してしまったロシア人のスキー選手を、ライバルであるはずのカナダ人コーチが迅速に助けて話題となっています。

スポーツマンシップの素晴らしさとオリンピックの意義を感じさせる映像をご覧ください。

Sponsored Links

予備

スタートしてすぐにスキー板を破損してしまったスキークロスカントリーのロシア代表アントン・ガファロフ選手。スキー板が壊れてしまっているため上手く滑れず転倒してしまいますが、スキー板が折れても滑ることを諦めません。

スキー板が折れても諦めないガファロフ選手は、右足の残ったスキー板だけで滑り続けて競技を続行します。

ところが苦戦しているガファロフ選手の前に現れたのは、ロシア人ではなくカナダ人のジャスティン・ワズワースコーチでした。

ワズワースコーチは、ガファロフ選手に駆け寄ると、カナダ人選手のための予備のスキー板と折れたスキー板を交換。ライバル国の選手のために手助けをしました。

ワズワースコーチによると、この行動はとっさのものだったとのこと。「罠に捕まって困っている動物を見ているようだった」と言い、「もしあなたがそこにいれば、何もしないなんてことはできない」と語りました。

負けることが決まっていても頑張り続けるガファロフ選手と、相手を選ばず助けたワズワースコーチの行動は「素晴らしいスポーツマンシップ」と賞賛されています。

これこそがまさにオリンピックの素晴らしさですね。記録よりも記憶に残るソチオリンピックでの一幕でした。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (2 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: スポーツ, 国際, 文化 タグ: , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)