25年間もピザだけを食べて生きてきた男ダン・ヤンセンがスゴイ!!ピザ生活の理由は「倫理的な問題」から!?


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

アメリカ人=ピザというほど、アメリカにおいてピザは国民食となっています。しかし25年間もピザだけ食べて過ごしている人は、この人くらいしかいないでしょう。

アメリカ・メリーランド州に暮らすダン・ヤンセンさん(38歳)は、過去25年間、ピザだけを食べて生きてきたといいます。

Sponsored Links

ヤンセンさんがピザだけを食べる奇妙な食生活になったのは、15歳のころのある考えがきっかけでした。当時、ヤンセンさんは「倫理的な問題」から肉を食べない菜食主義者(ベジタリアン)になることを決意しました。ところがヤンセンさんは、肉の味を忘れることができず、さらに野菜嫌いというベジタリアンにはあるまじき問題を抱えていました。そして今でも野菜は嫌いとのこと。

野菜を食べられないベジタリアンとなったヤンセンさんが考えた方法は、小麦粉とトマトソースで作られたピザを食べるというものでした。以来、ヤンセンさんはピザを食べ続けており、健康面でも問題は出ていないといいます。

現在のヤンセンさんの食生活は、朝はコーヒーだけで過ごし、昼と夜に直径36cmのピザを一枚ずつたべるというもの。ピザはチーズだけのプレーンピザで、冷凍ピザのため電子レンジでチンするだけとのこと。ただし、同じピザを続けて食べないようにお店で売っているピザも食べるとのこと。

健康にも気遣っているとのことで、1週間に1度はレーズンブランを食べてみたり、他の食べ物に挑戦したりしているといいます。また2週間のドイツ旅行の際には、舌に合うピザがなかったためプレッツェルを食べていたとのことで、4年前には今でも思い出すような美味しい桃も食べたと言います。

ピザ生活を貫いているヤンセンさんですが、最近では婚約者がこの食生活を尊重しているも不安を感じているとのこと。ヤンセンさんも考え方を変えて、少しずつピザ生活を辞めようと考えているといいます。

過剰なトッピングをせず、生地、トマトソース、チーズだけなら、意外と健康的な食品なのかもしれませんね。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 文化, 生活, タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)