末期ガンの動物園飼育員がキリンに最後のお別れをして話題に!!キリンも飼育員に首伸ばしてキス


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

オランダの南ホラント州ロッテルダムにあるブライドルプ動物園で飼育員として働いていたマリオさん(54歳)は、末期ガンとなり余命幾ばくもない状態となりました。

そんなマリオさんは「長年を過ごしてきた動物たちと最後の別れがしたい」という願いを持っていましたが、チャリティーがその願いを実現してくれました。

Sponsored Links

キリンの飼育員として働いていたマリオさんの願いを叶えてくれたのは病気の末期症状にある人々の願いを叶えるチャリティー財団「the Ambulance Wish Foundation charity」でした。

長年、自分たちの世話をしてくれた人が弱っていることを知ったキリンの1頭は、動物園に訪れたマリオさんに対し、首を伸ばして”さよなら”のキスをする場面も見られました。

その後、マリオアさんは一緒に動物園で働いていた同僚の元にも訪れて、別れの挨拶をしたといいます。

「the Ambulance Wish Foundation charity」は2007年に設立された財団で、昨年には病気で死を目前にした86歳の男性を農場に連れて行き、男性が大事に育てていたポニーへの別れの挨拶を実現しています。

予備

source

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: その他, 動物, 国際, 技術・実験, 文化 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)