これはヒドい!!競技場で販売されているビールの内容量がカップの大きさに関係なく同じと告発される!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

アメリカ・アイダホ州にあるセンチュリーリンクアリーナでは、サイズ別にビールが販売されており、大きいものは7ドル(約700円)、小さいものは4ドル(約400円)で発売されています。ところがその内容量は全く同じでした。

視覚トリックに騙されてしまうビール詐欺の告発動画をご覧ください。

Sponsored Links

アイスホッケー場のビールですが、カップの大きさによって値段が違います。しかしそこには、あるカラクリがありました。

大きいサイズのカップから小さいサイズカップへとビールを移し変えますが、なんと入る量は同じ。大きいサイズを買うと、差額の3ドルを損してしまいます。

この告発動画によって、アリーナ側は公式プレリリースを発表。問題を認め、カップと値段を見直したといいます。

お店で売っている大きいサイズは、どうしても「割安だろう」と思いがちですが、店側は売れる商品の利益率を上げようとするため、しっかりと比較すると損している可能性があるかもしれません。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: スポーツ, デザイン, 国際, 技術・実験, 文化, 経営・経済, タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)