ありえない滑走距離で着陸する飛行機「C-17」と「エアバス A400M」がスゴすぎる!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

航空機「C-17」と「エアバス A400M」は、通常の航空機に比べて非常に短い滑走距離で着陸することができるようです。「これだけ大きい飛行機なのに、そんな短い距離で止まれるの?」と驚かされる着陸映像をご覧ください。

Sponsored Links

「C-17」は、マクドネル・ダグラス(現ボーイング)社が製造しアメリカ空軍が保有・運用する、主力の軍用大型長距離輸送機。一方の「エアバス A400M」は、ヨーロッパの航空機メーカーであるエアバス社の子会社、エアバス・ミリタリー社が開発している軍用輸送機です。

最初は「C-17」が着陸していますが、非常に大きな機体ながら空中で静止するかと思うほど低速で滑走路に進入。着地後は逆噴射で、非常に短い距離で止まりました。プロペラが付いた「エアバス A400M」も、着地してから急激にブレーキをかけて大きな機体からは考えられない短い距離での停止に成功しています。

これだけ大きな飛行機でも、こんな短い距離で停止できるんですね。脅威の着陸映像でした。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 乗り物, 国際, 技術・実験 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)