サムスンがグラフェン合成技術で成果!!ウェアラブル製品の素材として実用化に道!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

サムスンは、次世代のウェアラブル技術を構築する新たな「驚異の素材」で画期的な成果を上げました。サムスンの研究陣が開発したより大きな規模でグラフェンを作る技術は、原子1個分の厚さしかないこの素材の実用化に道を開く可能性があります。

Sponsored Links

サムスンの総合技術院と成均館(ソンギュングァン)大学の研究チームはこのほど、従来よりも大きな面積で電荷を保持する単結晶グラフェンを合成したと発表しました。この研究は商用規模または産業規模でのグラフェン生産につながる可能性があります。

グラフェンは厚さが原子わずか1個分で、フレキシブルディスプレイや壊れないタッチスクリーンから、生体工学移植やビル・ゲイツ氏が開発を支援するコンドームまで、さまざまな革新的アイデアを実現に移す大きな可能性を秘めています。

しかし、研究はまだ比較的初期の段階にあり、現在の技術で製造できるグラフェン粒子の大きさには限界があります。現時点で、実用化に耐える量のグラフェンを合成する唯一の方法は複数のグラフェン結晶を1つにまとめることですが、そうすると電気も伝わりにくくなります。

グラフェンは、現在半導体に使われているシリコンよりも電荷や熱を通しやすい特性を持ちます。また、鋼鉄より強度がありながら柔軟性も保てます。こうした性質から、サムスンは「フレキシブルディスプレイやウェアラブル装置など次世代の電子機器で使える完璧な素材」としています。

次世代の製品の重要な素材のグラフェンが作れれば、あらゆる製品が飛躍的に高性能になるかもしれませんね。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: IT, ガジェット, 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)