33年間かけて拾い集めた石で建てた宮殿


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

フランスの郵便局員フェルディナン・シュヴァルが毎日30キロの道のりを徒歩で配達している間に空想した「おとぎの国の宮殿」を具現化したのがこの「シュヴァルの理想宮」である。
「シュヴァルの理想宮」は彼が仕事中に拾い集めた石で出来ているという。

Sponsored Links

フェルディナン・シュヴァルはフランスドローム県オートリーヴの南の小村シャルム=シュル=エルバスで生まれ、13歳になるとヴァランスのパン屋へ奉公にでて徒弟となったり、リヨンでパン職人をしたりしていたが、1864年からは、郵便配達の仕事についた。そして1878年にオートリーヴへ転勤となり、以後定住した。

1879年、彼は配達中に石につまずいた。その石を拾うと形に魅了され家に持ち帰った。それから石の収集を趣味とするようになった。

初めの頃はポケットに入れていた石も日増しに拾う量が増え、バスケットに、最後には台車で仕事以外に10キロ拾い歩くようになった。そして、それを使って理想宮の建築を始めた。

デザインはキリスト教やヒンドゥー教に影響を受けており、石と石とは石灰とワイヤー、セメントなどで補強された。1879年~1912年の33年間をかけて理想宮の建設を終えた。

当初は理解されなかった理想宮もその後、評価されるようになり、1969年にフランス政府の文化大臣アンドレ・マルローにより理想宮は文化財として登録された。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 文化, 歴史 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)