伝説のUMA獣人「ヨーウィ」の撮影に成功!?森の中を歩き光る目でこちらをうかがう!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

未確認生物(UMA)の獣人というと、アメリカの「ビッグフット」やヒマラヤの「イエティ」が有名ですが、オーストラリアにも同様の生物「ヨーウィ」の目撃例があります。

今回は、そんなヨーウィを撮影したという映像をご紹介します。二足歩行の生物が、光る目でこちらを見ている様子をご覧ください。

Sponsored Links

2014年3月29日午前3時27分に撮影された監視カメラに、その奇妙な生物が収められていました。

ヨーウィと思われる生物は、森の中を歩いており、光る目を持っています。そして体を小刻みに動かしているのが確認できます。その姿は、まるでゴリラのように見えます。

ヨーウィは、オーストラリア大陸に生息するとされる直立二足歩行をする獣人。体長は1.5m~3mまであり、全身茶色に近い体毛で覆われているとされています。

目撃例は古く、1795年、シドニー湾の近くでヨーロッパ移民達により最初の目撃報告がなされています。1970年8月7日未知動物研究家のレックス・ギロルイはブルーマウンテンの一角にあるソリタリー山の森の中でヨーウィと遭遇。1.5mと小柄な体格をしたそれは甲高い鳴き声を上げながら森の中に姿を消したといいます。1976年8月10日にはリズモンド地区の民家にヨーウィが続けて出現。 アボリジニの間ではヨーウィの存在は古くから知られていました。1895年頃までニューサウスウェールズのブルーマウンテン一帯に住んでいた最後のアボリジニの間では「ガバ」と呼ばれていました。

レックス・ギロルイはヨーウィの正体をメガントロプスが氷河期にジャワ島からオーストラリア大陸に移り住んできて、そのまま現代に生き残ったものではないかと主張しています。1941年にジャワ島ではメガントロプスの化石が発見されていますが、有名なジャワ原人の骨よりも古く頑丈だということがわかっています。メガントロプスが猿人と原人の中間だとすれば、全身を覆う体毛、道具を使うことなどの特徴から、いわゆる「ヨーウィ」と同一視できる可能性もあります。しかし、この説には何故、ジャワからメガントロプスが渡ってこれたのに、他の島の動物たちがオーストラリア大陸に渡ってこなかったのかという弱点があります。

このため、先住民であるアボリジニやカンガルーを暗闇などで誤認したのでは無いかとも言われています。

この謎の生物は、いったい何なのでしょうか。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: デザイン, 事件・事故, 動物, 国際, 自然 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)