自動車のバンパーのヘコみがドライヤーを使うだけで30分で修理できる!!業者「90%は直るでしょう」


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

自動車を運転していると、ぶつけてバンパがヘコませてしまうようなことがあります。そんな時、普通なら修理に出して高いお金を支払わなければいけませんが、ドライヤーがあれば高額を費やさなくても済むかもしれません。

今回は、バンパーのヘコみをドライヤーで直す修理方法をご紹介します。

Sponsored Links

この修理方法は、ヘコんでいるフロントバンパーをドライヤーで直すというもの。使う道具はドライヤーで、所要時間は30分です。

方法はいたって簡単で、ドライヤーの熱でバンパーを温めて裏側から手で押すというもの。時間をかけてバンパーを温めると柔らかくなり、柔らかくなった状態で押せば形状を元通りにできるとのこと。また冷えると、再び強度を取り戻すといいます。

この方法が使えるのは、プラスチック製樹脂で作られているバンパー。またこの方法は、業者の修理方法と原理的には同じだといいます。さらに成功確率は90%ほどとのことで、大体のヘコみはこの方法で解決できるといいます。

自分で修理するとなると自己責任のため、業者に任せるのが一番安全ですが、この方法を先に試してみれば出費を節約できるかもしれませんね。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: ライフハック, 乗り物, 国際, 技術・実験, 生活 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)