腕にブッダのタトゥーを入れたイギリス人女性がスリランカで国外退去に!!裁判所「仏教を侮辱するもの」


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

スリランカの裁判所は、腕にブッダのタトゥーをしていることは、スリランカの主要な宗教である仏教を侮辱するものだとして、イギリス人女性に国外退去を命じました。

Sponsored Links

国外退去を命じられたのは、ナオミ・コールマンさん(37歳)。コールマンさんは21日、インドからスリランカに到着してすぐに当局に拘束されました。

コールマンさんはスリランカを離れる前に取材に対して「これまで2度スリランカに来たが、タトゥーが問題になったことはなかった」とし、「もしこのようなルールがあるのなら、ブッダのタトゥーは禁止だとはっきり示すべきだ」と語りました。

スリランカではブッダのタトゥーを禁じる法律はありません。コールマンさんは24日、ロンドン行きの航空機で帰国しました。

入国管理当局者は、裁判所が国外退去を命じたのは、スリランカの市民からコールマンさんが暴力を受ける可能性があったことも一因だと述べました。スリランカでは人口2000万人のうち約7割が仏教徒となっています。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 政治・法律, 文化 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)