東日本大震災の大津波で流されたボートが触手だらけの幽霊船となって米西海岸に漂着!!3年間で6500kmを漂流!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

アメリカ・ワシントン州に、1隻の不気味なボートが漂着して話題となっています。漂着したボートは、2011年3月に発生した東日本大震災による津波で流されたものと見られていますが、その中から不気味な触手のようなものが生えており、まるで幽霊船のようになっています。

Sponsored Links

発見された船は、地元住民から「幽霊船ではないか?」と恐れられていたとのこと。しかし調査の結果、津波の際に流されたものと判明。3年間をかけて6500kmの距離を移動したことになります。

触手のように見えるものは、フジツボの仲間である海洋生物「エボシガイ」とのことです。

見つかった船は関係当局が洗浄したうえで米国海岸護衛隊に引き渡され、詳しい調査が行われるといいます。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: デザイン, 乗り物, 事件・事故, 動物, 国際, 自然 タグ: , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)