空中に立体的な絵を描くことができる3Dスケッチシステム「Gravity」が面白い!!3Dオブジェクトを直感的に作成!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

さまざまなデジタルデバイスが登場している現代ですが、立体物を直感的に作るのは非常に難しいのが現状です。しかしこの3Dスケッチシステム「Gravity(グラビティー)」を使えば、直感的に感覚的に3Dデジタル構造を作成することができます。

Sponsored Links

「Gravity」は、拡張現実ヘッドマウントディスプレイを装着した状態で、透明なアクリルで作られているGravityスケッチブックに絵を描くというものです。

スケッチブックに描かれた情報は、立体座標データとして記録され、ヘッドマウントディスプレイにはそれらの情報が反映された映像が送られます。そのため、直感的に立体的なデジタル情報を構築することができます。

3D情報を作成するのに利用されているのは、有名なゲームエンジン「ユニティ(Unity)」です。

開発したのはロイヤル・カレッジ・オブ・アートの学生ダニエラ・パレデス・フエンテスさんを中心としたグループです。

立体図面などを作成するときには「CAD」などを使いますが、これなら簡単に立体情報を作れそうですね。現在はプロトタイプの段階ですが、完成すれば建築、芸術、工学、医学など、さまざまな範囲で有効に利用できそうです。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: IT, ガジェット, デザイン, 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)