木の棒を使って魚を捕まえるネイティブアメリカン直伝のトラップがスゴイ!!大きなナマズも捕獲可能!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

自然とともに暮らしてきたネイティブアメリカンの知恵を使えば、大した道具を使わずに大きなナマズを捕獲することも可能です。

今回は、木の棒で罠を作って魚を捕まえるサバイバル術をご紹介します。

Sponsored Links

罠の作り方は、棒を川底に突き刺していくだけです。棒でぐるっと輪を描き、入り口を作って魚が入るようにします。そして輪の中にエサとなる虫などをいれておき、時間をおけば魚を捕獲することができます。

この罠のポイントは輪の形。魚は壁に沿って進む習性があるため、入り口が漏斗のように三角形になるように形作ります。すると入ることができても、出ることができなくなります。

この方法を使えば、魚やカメを捕獲することが可能だといいます。

いざというときには役立つサバイバル術でした。

こちらも同じ罠。

予備

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 動物, 国際, 技術・実験, 自然 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)