人口爆発で人類内にカニバリズム横行!?人類が凄まじい勢いで「共食い」へと向かっていると科学者が警告!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

人間が人間を食べる共食い行為「カニバリズム」は、多くの文化の中で禁忌とされています。一方で宗教的儀式や習慣によって行う文化も存在します。

イギリスのスタンフォード大学の研究者によると、今後、人口が増加することによって人間が死者を食べるという可能性があると警告しています。

Sponsored Links

この主張をしているのはポール・エーリック博士。エーリック博士は、現在の人口動向から食糧危機へと陥り、人間が人間を食べる文化が発生する可能性があると指摘しています。またエーリック博士は、現在の農業や食生活を変え、肉中心から穀物中心の食生活にする必要があると主張しています。

エーリック博士によると、今後の45年間で人類は25億人が増加するとしています。人口爆発によって資源は相対的に減り、人々は資源を奪い合う資源戦争に向かうといいます。

エーリック博士は、今から46年前の1968年に人口爆発を予想しており、人口増加に伴うグローバル危機に対処すべく人口抑制政策を提言する『The Population Bomb(人口爆弾)』を出版しています。この書の中でエーリック博士は、「1970年代には世界中が気がに陥り、数億人が餓死する」「私たちの子供は価値基準、政治、経済が消滅した1960年代とは全く異なる世界に生きる」と指摘していました。

エーリック博士は、「私たちは皆、食べている。それはとても破壊的な行為だ」「牛の畜産に関して倫理的な問題があるが、そんなものは人類が命をつなぐシステムが壊れることに比べれば些細なことだ」といいます。

現在、3Dプリンターで肉を作り出す技術や、肉を培養する技術なども登場していますが、まだまだ実用化できるレベルにはなく、その間にも人口の増加と肉食文化の普及は進んでいます。

「いつか、誰かが思うようになるかもしれない。お腹が空いた。だから死体を食べてもいいのではないか?と」と語るエーリック博士。人間が人間を食べるという行為は、荒唐無稽のようにも思えますが、意外にも身近なものかもしれません。

現代社会では、ヘアーエクステンション(カツラ)、輸血、臓器移植などが行われていますが、これらも「人間のために人体を利用する」という意味においては共食いと言えるかもしれません。人体の共有の先には、共食いが自然な未来が存在していても不思議ではないかもしれません。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 文化, 生活, 科学, タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)