物理エンジンでエンジンを作ってみた!!位置エネルギーを運動エネルギーに変換!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

仮想空間でリアルな物理法則を再現できる「物理エンジン」を駆使してエンジンを作成してみました。物理エンジンでエンジンをシミュレーションしてみた実験動画をご紹介します。

Sponsored Links

このシミュレーションを作成したのは、物理エンジンを使った実験で知られる「むにむに教授」さんです。

実験では、位置エネルギーを運動エネルギーに変換してピストンを動かします。具体的には、高いところから落としたボールでエンジン内のボールを持ち上げて燃焼機関の爆発を再現。この爆発力でピストンを上下させ、上下運動を回転運動に変換します。飛んでくるボールを定期的に止めることで、エンジン内の爆発と収縮を実現します。

発生した回転運動は遊具へと伝達され、公園の遊具は狂ったように動き出します。

非常に面白い実験ですが、位置エネルギーをエンジンに応用するという発想が素晴らしいですね。

ニコニコ動画版

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: IT, デザイン, 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)