背中にロボットの腕を装着できるシステムをMITが開発!!阿修羅のような4本の腕で作業も捗る!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

「猫の手も借りたい」なんて言葉があるように、人は昔から多くの手を求めてきました。そんな人々の願いをマサチューセッツ工科大学(MIT)は科学で叶えてくれるかもしれません。

MITの研究者らは、背負うことで自分の腕を2本増やすことができるロボットアームを開発することに成功しました。

Sponsored Links

MITで開発されたこのロボットハンドは、背負うように装着するロボット。ロボットには長い腕が2本付いており、それぞれ左右に伸びています。腕は装着者の腕と呼応して動くシステムとなっています。

映像を見ると、装着者の腕の動きに合わせてロボットハンドの動いており、その動きは非常にスムーズです。装着者の腕にはセンサーが装着されており、このセンサーの情報からロボットハンドは装着者の腕の動きを把握しています。

現時点では、何か作業ができるほどの性能ではありませんが、将来的には装着者の活動をサポートすることが期待されています。

阿修羅は腕が6本ありますが、未来の人間もたくさんの腕を使いこなしているかもしれませんね。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: ガジェット, デザイン, 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)