アメリカのケンタッキーが犬に襲われ眼球を失った3歳女児の入店を拒否!!両親「娘の顔はそんなに怖いですか?」


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

2014年4月、アメリカ・ミシシッピ州で女の子がピットブル犬に襲われる悲惨な事故が発生しましたが、その女の子がケンタッキーフライドチキン(KFC)に入店しようとしたところ、「顔面の傷跡があまりにも生々しい」として入店を断られていたことが明らかとなりました。女の子の両親は、フェイスブックで店側に抗議しています。

Sponsored Links

4月に米ミシシッピ州ジャクソンで起きた、ヴィクトリア・ウィルチャーちゃんという3歳の幼児が獰猛なピットブルに噛みつかれ、大変な怪我を負うという事件。このほど地元メディア『Clarion-Ledger』紙は、そのヴィクトリアちゃんがジャクソンにあるKFCで、「お顔を他のお客様が怖がってしまう」との理由から入店を断られていたことを伝えています。

両親はその時の様子について、フェイスブックで「娘の顔はそんなに怖いですか?」と添えてこの写真を公開しました。

その痛ましい流血事件が起きたのは今年4月のこと。ヴィクトリアちゃんはトレーラー暮らしをしている祖父が飼うピットブル3頭に噛みつかれ、顎、鼻と頬骨を噛まれて片方の眼球を失い、顔面にはいまだにその激しい損傷の跡が見て取れます。治療を経て笑顔を見せるほどに回復していますが、成長にともなってこれからも皮膚形成手術が必要になるとのこと。

このたびの一件についてKFCの広報担当リック・メイナード氏は、「我々は苦情のない店づくりを目指しており、この件を大変深刻に受け止めております。可愛らしい女の子を心ない言葉で傷つけてしまったことをお詫びし、ご家族には精一杯の誠意をみせて行きたいと思います」と述べ、店員への教育を含め徹底した調査を行うことを約束しました。

source

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: その他, 事件・事故, 動物, 国際, 経営・経済 タグ: , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)