適量の飲酒でも体に悪い!?「酒は百薬の長」という定説が間違っている可能性が!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

「グラス1、2杯の酒は体に割る居所か、むしろ良い…」。酒を飲む人が好んで引用するこの医学的見解ですが、英医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)にこのほど発表された研究論文によると、この長く信じられてきた考え方には問題がある可能性がでてきました。

「酒は百薬の長」は、間違えているかもしれません。

Sponsored Links

論文は、アルコールの摂取を少量でも控えることで、冠状動脈性心臓病のリスクを軽減させ、体重の減少や高血圧の抑制にもつながると説明しています。

研究では、飲酒の習慣と健康についての研究論文50件が調べられました。対象とされたのは26万人以上の欧州系の人々。

研究者らが特に注目したのは、ADH1Bと呼ばれる遺伝子。これまでの研究では、この遺伝子の変異により、アルコールがより早く分解され、依存症リスクが軽減されるとしていました。

今回の研究では、ADH1Bの変異を持つ人は持たない人に比べて1週間あたりのアルコール摂取量が17%少なく、深酒についても78%の確率でしないとの結果が示されました。さらに冠状動脈性心臓病リスクは10%低く、血圧の最高値および肥満の可能性も低くなりました。

論文では、「アルコール摂取量が普段から少ない人でも、それをさらに減らすことで、心臓血管の病にかかるリスクを低減できる」と結論付けています。

一方、同研究がこれまでの定説に挑んだという意味で興味深いと評価しながらも、議論し尽くされていない点があるとして、慎重に判断すべきだとの指摘が出ています。

問題とされたのは、同研究が統計的なアプローチだけに基づいている点とADH1Bの変異を持つ人がなぜより健康であるのかについて解明していない点で、ADH1Bの変異を持つ人にだけに当てはまる何らかの要因が存在している可能性がある限り、飲酒について一般的な「助言」をするのは危険とされました。

「この遺伝子変異を持つ人に、(研究で)考慮されていない何かしらの行動パターンや特質などがあって、それが心臓疾患のリスクを軽減しているのかもしれない」と、ロンドン大学キングスカレッジのティム・スペクター氏は英国の科学メディアセンターに語っています。

一般的に軽~中程度の飲酒とは、1週間のアルコール摂取量が12~25単位とされています。アルコール度数5%のラガービール330mlで1.6単位、アルコール度数12%のワイン125mlの単位は1.5程度だといいます。

「酒は百薬の長」という酒飲みの常套句も通用しないかもしれませんね。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 科学, タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)