RIMPAC演習に参加した米軍の新軍事技術がスゴイ!!四足歩行ロボット「LS3」や超巨大水陸両用車「UHAC」が登場!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

アメリカ海軍主催の環太平洋合同演習(リムパック、RIMPAC)で稼働試験されている四足歩行ロボット「LS3」と揚陸用無限軌道車両「UHAC」が公開されました。まるで生き物のように走り回るロボットとホバークラフトとしても運用できる戦車をご覧ください。

Sponsored Links

今回の演習で公開されたのは、四足歩行ロボット「LS3」と揚陸用無限軌道車両「UHAC」です。

米国防高等研究計画局(DARPA)とボストンダイナミクス社が共同で開発した四足歩行ロボット「LS3」は、兵士の支援ロボットで物資を輸送するためのもの。四足で歩き、バランスを保ちながらどんな悪路も走破することができます。

テストでは、兵士がコントローラを操作しながらロボットを運用しており、普通の自動車では入り込めないような場所も進んでいます。また大量の荷物を搭載していても、軽々と歩き回っています。

1台の製造には200万ドル(約2億円)が必要ですが、180kg以上のモノを積んだ状態で休むことなく32kmの距離を走破することができます。

揚陸用無限軌道車両「UHAC」は、プロトタイプ水陸両用車。全長約12.8m、全高約5.2m、 全幅約7.9mで、水上を浮かびながら移動することができ、陸上も走ることができます。またホバークラフトに比べて燃費も2倍以上と高効率を実現しています。

驚くべき新兵器の数々ですね。これらが実戦に投入されれば、戦場も様変わりするかもしれません。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: デザイン, 乗り物, 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)