猫の毛並みを撫でることで音を出す!?猫とテルミンが融合した新感覚楽器「Mew」が面白い!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

以前、テルミンとアナグマを融合させた「アナグマテルミン」をご紹介しましたが、今回は猫とテルミンが融合した新感覚楽器「Mew」をご紹介します。ふわふわもふもふとした猫の毛並みを撫でることで音が出るユニークな楽器をご覧ください。

Sponsored Links

この楽器「Mew」は、1919年にロシアの発明家レフ・セルゲーエヴィチ・テルミンが発明した世界初の電子楽器「テルミン」と猫を融合したインタラクティブな楽器です。猫の毛のような毛並みが表面を覆っており、手を近づけると「ニャー」という猫の鳴き声を発します。

音は手の位置によって変化し、優しく撫でると「ゴロゴロ」という音を発し、あまり強く押すと猫が怒ったときのような「ニャー」という鳴き声が出ます。

毛には導電糸が使われており、楽器内部には圧力センサーが埋め込まれているとのことで、この2つによって毛の触り方と押し方が音に影響を与えています。

いつまでも撫でていたくなる新感覚の楽器でした。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: ガジェット, デザイン, 動物, 国際, 技術・実験, 文化, 生活, 芸術 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)