人類の退化か!?四足歩行しかできず四つん這いになって歩くトルコの一家が話題に!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

人間は四足歩行から二足歩行へと進化することで、両手が自由となりさまざまなものを作れるようになりました。ところがトルコには、二足歩行ができず四足歩行で生活をしているという奇妙な一家が存在します。まるでサルのように歩く不思議な家族をご紹介します。

Sponsored Links

四足歩行をしているのは、トルコ・ハタイに暮らす総勢19人のウラス一家。一家は二足歩行ができず、両足で立ち上がるとバランスを崩してしまい安定感に欠けてしまうといいます。そのため四つん這いで生活をしています。

一家が発見されたのは2005年。2006年には、イギリスの国営放送「BBC」がドキュメンタリーを撮影しました。

子供たちの中には、生まれたときから四つん這いだという者もおり、二足歩行ができる子供もたまに歩く程度だといいます。ただし骨や筋肉に異常があるわけではなく、本来なら二足歩行を行おうとすればできるはずだとされています。体に異常がないのに二足歩行ができないことは、研究者たちを悩ませています。

現代社会で四つん這いの生活をするのは非常に難しく、周囲の人々から「障害を持っている」と嘲笑されているといいます。そのため姉妹は家の中で過ごし、ほとんど部屋からは出ていません。しかし兄弟の中には、ほかの村まで出かけて人々と話す勇気ある者もいます。

ドキュメンタリーの中では、この一家の四つん這いは「逆進化」とされており、なんらかの遺伝子によって二足歩行が実現している可能性が示唆されています。また数百年前に生きていたであろう祖先のように歩いていると指摘しています。

一方で、アメリカの研究者が行った最新研究によると、この一家は非常に稀な疾患を患っており、それが原因で二足歩行ができない可能性があると指摘しています。

科学誌「PLOS One」に発表された研究によると、この一家の歩き方は前足と後ろ足を対角線上に動かすほかの哺乳類の歩き方とは異なるとされており、横方向への移動が見られます。また手の指の関節に体重をかけていることからも「逆進化」による歩き方ではないとされています。一家の歩き方の特徴は、バランスを失ったときの行動を示すサインと酷似しており、研究者らは小脳の遺伝子性疾患によってバランスが取れない可能性を指摘しています。

この一家の障害は、一家を最初に研究し始めたトルコの進化生物学者の名前から「Uner Tan syndrome」と名付けられました。

この障害は、四足歩行以外にも知能の低下、精神遅滞、言語障害などが見られるといいます。

四つん這いでの生活は非常に大変そうですね。ただ原因が分かれば、バランスが取れるように工夫して二足歩行ができるようになるかもしれません。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)