サシハリアリ(弾丸アリ)に噛まれるというアマゾンの部族の儀式を体験してみた!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

サシハリアリ(弾丸アリ)は、 はニカラグアからパラグアイまでの湿潤な低地多雨林に生息するアリです。このアリは凄まじい猛毒を持っており、刺されると強烈な痛みに襲われます。

そんなサシハリアリに刺されるというアマゾンの儀式を体験してみたチャレンジドキュメンタリーをご紹介します。

Sponsored Links

サシハリアリに刺された時の痛みはあらゆるハチ・アリの中で最大であるとされており、刺された時に24時間痛みが続くことから、現地では“Hormiga Veinticuatro”(24時間のアリ)という名を持ちます。

ブラジルの先住民族Satere-Maweは、戦士となるための通過儀礼に本種を用います。まず植物抽出物を用いてアリに麻酔をかけ、ヤシの葉に縫い込みます。次に、針が内側を向くような手袋の形に整えます。アリの麻酔が解けたあとで手袋に手を挿入し、10分程度耐えます。この時針からの保護として、手に炭を塗ることが認められています。儀式のあと数日は手に痺れが残るといい、この儀式を20回、数ヶ月から数年かけて行うことで、通過儀礼が完了します。

そんな儀式にチャレンジしたのが、オーストラリアのコメディアンであるハミッシュ・ブレイクさん。ラジオ番組の企画として、手をアリに刺されています。

ハミッシュさんはアリに刺された途端に絶叫。手を振りながら強制的に踊らされ、大量の汗をかきながら悶絶を続けています。そして最後には病院送りになってしまいました。

こんな恐ろしい儀式を20回以上行わないと戦士になれないなんて、なかなか厳しい試練ですね。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 動物, 国際, 技術・実験, 文化, 自然 タグ: , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)