イルカがしゃべった!!鴨川シーワールドのイルカが8種類の声をまねて話すことに成功!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

東海大学の村山司教授(54歳)らの研究チームは、イルカが人の言葉をまねられることを世界で初めて証明し今月、国際心理学誌電子版に発表しました。「しゃべった」言葉は「ピヨピヨ」「おはよう」など8種類。イルカとの会話を夢見て研究者になった村山教授は「あと一歩」と胸を躍らせています。

Sponsored Links

今回、話したのは鴨川シーワールドで飼育されているシロイルカのナック(29歳)。飼育員が「ピヨピヨ」と声をかけると、上手に「ピヨピヨ」と返し、他に「ほう?」「ハハハ……」もまねてみせています。

イルカは、口ではなく、頭の上にある小さな呼吸孔(鼻)から鳴き声を出し、仲間同士のコミュニケーションに利用しています。ナックも呼吸孔を使ってまねをします。

抑揚が少ない言葉はまねにくいようで、「つかさ」という村山教授の名は明瞭に聞き取れないこともありますが、村山教授は録音を再生しながら「ほら言ってる」と興奮。実際、ナックの声の周波数(音の高さ)やリズムを分析すると、飼育員が「つかさ」と話す声と同じパターンでした。

村山教授とナックとの付き合いは20年以上で、言葉の訓練は2003年から始めました。これまでにナックにフィン(足ひれ)を見せると短い高音、バケツは低音、ゴーグルは長い高音と、見せた物に応じて違う鳴き声を出させることに成功しました。さらに記号を見せて「AならばB」「BならばC」と覚えさせ、「A」を示しただけで「C」を選ぶ三段論法的な思考ができることも確認しています。

今回は、人の発した言葉をナックが自らまねていることを、音波や周波数の丹念な分析から証明しました。まだ「オウム返し」の段階ですが、村山教授は「物に合わせた鳴き声を発することができるので、言葉の意味を理解して発音することができるはずだ」と期待しています。最終的には、村山教授らが「何がしたい」と聞けば、「エサを食べる」「遊びたい」と会話できるようにしたいといいます。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 動物, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)