グーグルが映画『マトリックス』のような仮想世界を構築中!!自動運転車のシミュレーションに使用!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

アメリカのIT企業グーグルは、インターネットの巨人と言える存在ですが、とうとう映画『マトリックス』のような仮想世界を構築していることが明らかとなりました。グーグルは、アメリカ・カリフォルニア州全体を仮想世界に作り出し、開発中の自動運転車のシミュレーションに利用するといいます。

Sponsored Links

グーグルの自動運転車は、カリフォルニア州で実際に走行テストが行われており、安全性の確認が行われています。しかし実際に運用をするためには膨大な情報が必要となり何百万回のテストが必要不可欠となります。その全てを実際の道路に自動運転車を走らせて集めるのは現実的ではありません。

そこでグーグルが考えだしたのは、「仮想世界を作り出して、その中でシミュレーションを行う」というもの。グーグルの広報担当者は、「実際にテストするためには数十年もかかるような数千に及ぶ走行パターンや走行シナリオの繰り返しを、シミュレーションならたった数時間で行うことができる」と語りました。

グーグルは現在、カリフォルニア州の約277万kmに及ぶ道路システムをソフトウェア上に再現しているといいます。この仮想世界では、現実世界に近い交通システム、歩行者、天候などが再現されています。

この方法は、成功すれば開発中の自動運転車の運転性能を飛躍的に高めることができる方法ですが、問題点がないわけではありません。

現在再現されているのは、カリフォルニア州に基づいた仮想世界。インフラシステム、気候、住民の挙動もカリフォルニア州に基づいています。そのため、大雨や干ばつに対する自動運転車の性能は高まりますが、雪や氷などのカリフォルニア州では現れない条件では自動運転車の性能が高まりません。

また国や地域が変われば交通習慣やインフラも大きく変化するため、それらに関する膨大な国際的なデジタルデータを収集する必要があります。

自動運転車に限らず、ソフトウェアで運用できるものは、シミュレーションの中でテストが行われるようになるのかもしれませんね。そのうち映画『マトリックス』のように、人生も失敗しないように仮想世界でシミュレーションしてから現実世界で実行するようになるかもしれません。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: IT, 乗り物, 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , , パーマリンク

グーグルが映画『マトリックス』のような仮想世界を構築中!!自動運転車のシミュレーションに使用!! への1件のフィードバック

  1. ピンバック: グーグルが映画『マトリックス』のような仮想世界を構築中!!自動運転車のシミュレーションに使用!! | コモンポスト | スゴスポ・ゴシップニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)