皮膚」タグアーカイブ

1 / 212

一皮剥けた!!危険を察知すると鱗が剥がれてしまう新種のヤモリが発見される!!

爬虫類は成長すると脱皮するものであり、多くのトカゲは捕食者から逃げるために尻尾を切り離すものです。ところがこの新種のヤモリ「Geckolepis megalepis」は、その2つの特性を融合したかのような性質を持っていま … 続きを読む

カテゴリー: 動物, 国際, 自然 | タグ: , , , , , , | コメントする

手の甲がディスプレイになる!!貼れる超極薄有機ELディスプレイを東大が開発!!

皮膚に貼れる極薄の有機ELディスプレイを、東京大学の研究グループが開発しました。センサーとつなぎ、脈拍数などを手の甲に表示することもできるといいます。成果は15日付の米科学誌サイエンス・アドバンシズ(電子版)に発表されま … 続きを読む

カテゴリー: IT, デザイン, 国際, 技術・実験, 科学 | タグ: , , , , , , | コメントする

髪の毛も復活!?iPS細胞で皮膚まるごと再生にマウスで成功!!

理化学研究所(理研)などのチームは、マウスのiPS細胞を使い、毛を生み出す「毛包」や皮脂腺などを含む皮膚全体をまとめて再生することに成功しました。やけどや重度の脱毛症などの治療に役立つ可能性があるといいます。論文が1日付 … 続きを読む

カテゴリー: 技術・実験, 科学 | タグ: , , , , , , , , | コメントする

「皮膚弛緩症」で28歳にしておばあちゃんのような容姿になってしまった中国人女性が話題に!!

一見すると60代~70代に見える女性Hu Juanさん。しかし実は、28歳の2児の母親です。 今回は、奇病「皮膚弛緩症」によって28歳という若さにしておばあちゃんのような容姿になってしまった中国人女性をご紹介します。

カテゴリー: 事件・事故, 国際, 技術・実験, 科学 | タグ: , , , , , , , , , | コメントする

タコの皮膚にヒントを得た光学迷彩シートが開発される!!周囲の景色に溶け込んで『攻殻機動隊』のように透明化!?

『攻殻機動隊』などのSF作品に登場する「光学迷彩」という技術。光を操ることで、周囲から見えなくなるというものです。 この「光学迷彩」を、タコの皮膚に備わっている擬態能力を応用して実現する研究が行われています。「光学迷彩」 … 続きを読む

カテゴリー: デザイン, 動物, 国際, 技術・実験, 科学 | タグ: , , , , , , , , , , , , | コメントする

タコの腕はなぜ自分の腕にくっついて絡まってしまわないのかが明らかに!!秘密は皮膚に!?

タコの8本の腕には吸盤が並んでいて、大概のものにはくっつくことができます。しかしタコが自分の腕で絡まってしまうということはないようです。これはマダコの皮膚に自己認識機構が存在し、吸盤が自分自身にくっつかないようになってい … 続きを読む

カテゴリー: 動物, 国際, 技術・実験, 科学, 自然 | タグ: , , , , , | コメントする

現生人類ホモサピエンスはネアンデルタールと交配で寒さ耐性獲得した可能性が!?皮膚に厚みが増す!!

初期の現生人類(ホモサピエンス)は、現代人のゲノム(全遺伝情報)中にも1~3%残存しているネアンデルタール人由来の遺伝子によって、厚みのある皮膚を獲得し、欧州の寒冷な気候への適応に役立てることができた可能性が高いとする研 … 続きを読む

カテゴリー: 動物, 国際, 技術・実験, 歴史, 科学, 自然 | タグ: , , , , , , , , | コメントする

3Dプリンターで患者の皮膚を使用して動脈を作成に成功!!佐賀大学とサイフューズが共同開発

3Dプリンターを活用し、患者本人の皮膚などから動脈を作製する技術を、佐賀大学と東京のバイオベンチャー企業が共同で開発したことが5日、分かりました。3Dプリンターでの血管作製技術の確立は国内初となります。

カテゴリー: IT, ガジェット, 国際, 技術・実験, 科学 | タグ: , , , , | コメントする

銀色に輝く皮膚を持つ女性!!銀によって色素増強が起こる「銀皮症」を患った女性ローズマリー・ジェイコブスがスゴイ!!

体に金属が蓄積することで障害を引き起こす病気はたくさんあります。貴金属として知られる銀にも人体に影響を与える効果があり、その症状は「銀皮症」と呼ばれています。今回は、そんな銀皮症によって皮膚が銀色になってしまったアメリカ … 続きを読む

カテゴリー: デザイン, 国際, 技術・実験, 生活, 科学 | タグ: , , , , , , , , | コメントする

京都大学がアトピー症状改善の化合物を世界で初めて発見!!皮膚の保湿効果を高めることがマウス実験で明らかに!!

アトピー性皮膚炎の症状があるマウスに特定の化合物を投与すると、体内で皮膚の保湿効果を高める物質が作り出され症状が改善することを、京都大学の研究グループが突き止めました。研究グループは治療薬の開発につなげたいとしています。

カテゴリー: 技術・実験, 科学 | タグ: , , , , , , | コメントする
1 / 212