」タグアーカイブ

1 / 11012345...102030...最後 »

ダム建設のためにクレーンでミキサー車を深い穴へと送り込む様子が恐ろしい!!

トルコのチョルフ川に建設されているアルトヴィンダムで撮影された深い穴へとクレーン車で釣り上げたミキサー車を送り込む様子をご紹介します。これが効率的なコンクリートの運び方のようです。

カテゴリー: 乗り物, 国際, 建造物, 技術・実験 | タグ: , , , , , , , | コメントする

さまざまなトンネルを通過するホットウィールの視点映像がスゴイ!!

LEDライトなどを用いて作られた照明に彩られたトンネルを通過する自動車のおもちゃ「ホットウィール」が走る視点映像をご紹介します。まるで悪夢を見ているかのように目に飛び込む景色をご覧ください。

カテゴリー: ガジェット, デザイン, 国際, 技術・実験 | タグ: , , , , , , | コメントする

20年間で自動車の安全性がどのように変化したのか比較した実験動画が衝撃的!!

ヨーロッパで実施されている自動車安全テスト「ユーロNCAP」20周年を記念した、20年間で自動車の安全性がどのように変化したのか比較した実験動画が公開されました。20年間で自動車は、どのように安全性を高めたのでしょうか。

カテゴリー: 乗り物, 事件・事故, 国際, 技術・実験 | タグ: , , , , , | コメントする

自動車の道筋示すスマートフォンカーナビをフロントガラスに映す装置「HUDWAY Glass」

スマートフォンの普及よってカーナビをスマートフォンで代用する人が増えてきましたが、今回は自動車の道筋などのカーナビ情報をフロントガラスに映す装置「HUDWAY Glass」をご紹介します。フロントガラスに情報を映すため、 … 続きを読む

カテゴリー: IT, ガジェット, デザイン, 乗り物, 国際, 技術・実験 | タグ: , , , , , , | コメントする

荒波押し寄せる突堤を自動車で進み身動き取れなくなりヘリコプターに救助されるドライバーが悲しい!!

アメリカ・カリフォルニア州フンボルト湾にある突堤を突き進んだ自動車のドライバーは、荒波によって身動きが取れなくなりヘリコプターによって救助されてしまいました。なぜこれだけの荒波が押し寄せる突堤を突き進んだのでしょうか。

カテゴリー: 乗り物, 事件・事故, 国際, 自然 | タグ: , , , , , , , , , , | コメントする

身動き取れない自動車を協力して引っ張り上げる人々が素晴らしい!!

深い雪の中で道から逸れて土手を落ちてしまい身動きが取れなくなってしまった自動車を居合わせた人々が強力して引っ張り上げる様子をご紹介します。誰もが全力を尽くして自動車を引き上げます。

カテゴリー: 乗り物, 事件・事故, 国際 | タグ: , , , , , | コメントする

アクロバット乗車!!バイクが自動車に追突するも自動車に乗り移り事なきを得る!!

高速で走っていたバイクは自動車に追突してしまいましたが、ライダーは奇跡的に無事でした。なんとライダーはバイクから自動車へと一瞬のうちに乗り移っていました。

カテゴリー: 乗り物, 事件・事故, 国際 | タグ: , , , , , | コメントする

自動車のエアコンが壊れたのでプロパンガスタンクに着火して即席暖房にしてみた!!

冷え込みが厳しいアメリカ・ルイジアナ州で、自動車のエアコンが壊れてしまったため自動車に積まれていたプロパンガスタンクのガスに直接着火して暖房代わりにする猛者が現れました。いつガス爆発を起こすか分からない状態で運転はしたく … 続きを読む

カテゴリー: 乗り物, 国際, 技術・実験 | タグ: , , , , , , , , , | コメントする

濁流で冠水した道路に突っ込んだトヨタの自動車「ランドクルーザー」がヤバイ!!

トヨタの自動車「ランドクルーザー」は、その性能の高さが評価されることも多いですが、あまり無理をするとさすがのランドクルーザーでも走れないようです。濁流で冠水した道路に突っ込んだランドクルーザーの末路をご覧ください。

カテゴリー: 乗り物, 事件・事故, 国際 | タグ: , , , , , , , | コメントする

ヒッチハイクを決意!?自動車のワイパーに止まって離れようとしないタカが面白い!!

タカは高速で飛ぶことができますが、飛ぶよりも自動車に乗る方が楽であることに気付いてしまったようです。ヒッチハイクするように自動車のワイパーから離れようとしないタカをご覧ください。

カテゴリー: 動物, 国際, 技術・実験, 自然 | タグ: , , , , | 1件のコメント
1 / 11012345...102030...最後 »